弁護士に依頼することによって、賠償金額が増えることが多い

損害賠償の基準額については、自賠責基準、任意保険基準、裁判基準があります。この3つの基準の中では、金額的に、自賠責基準がもっとも低く、任意保険基準がそれよりも高めで、裁判基準がもっとも高いという順番です。

あなたご自身で保険会社に賠償を請求した場合には、保険会社としては、自賠責基準や任意保険基準に基づいた金額を提示することがほとんどです。

しかし、弁護士が介入すれば、弁護士は裁判基準で保険会社と交渉しますので、たとえ訴訟とならなくても、裁判基準に近い金額が認められることが多いため、賠償金額が増える可能性は大きいといえます。

ここに、弁護士を依頼する意味があるのです。

交通事故

いますぐ当事務所へご相談ください! 相談は無料です。TEL:048-965-3011お問い合わせフォームはこちら