• 日時:2018年11月27日(水)
  • 場所:名古屋市吹上ホール
  • 講師:東京カンテイ名古屋支店
       有馬義之 ゼネラルマネージャー
  • 演題:リニア新時代の到来で変わる 中部エリアの賃貸住宅市場
  • 聴講:茅沼 英幸

感想:
不動産の将来的な資産価値の動向と価値を決定づける要因についての非常に興味深い解説でした。不動産の資産価値を決定づける要因は様々ありますが、その中で、今後絶対注目すべきは、「コンパクトシティ構想」です。各自治体には、立地に関する適正化構想を策定しておりますので、ホームページで「・・・市 コンパクトシティ」と検索すれば、その市が将来どこに都市機能、居住機能を集めようとしているのかがわかります。この構想から外れたエリアは、将来、価値が下がるということになります。