Q. 保険の外交員で破産ができません。何か良い方法はありますか。

A. 裁判所に頼らず、弁護士に個別の債務毎に債権者と和解する任意整理の方法もありますが、裁判所に民事再生手続きを申立てることがいいと思います。破産をしてしまうと、仕事を継続できない方でも民事再生は可能です。1,500万円までの債務であれば100万円か、債務総額の5分の1のいずれか多い方を支払えば、残りの債務を免除してもらえます。1,500万円から3,000万円までの債務であれば300万円、3,000万円から5,000万円までは債務総額の10分の1の額を支払うことになります。支払期間として認められるのは3年ないし5年です。5年を超える期間は認められませんので、5年以内で返済ができないとなれば、破産しか選択の余地がなくなります。