Q.  借金が多くなってしまい、返済が滞っていまっています。住宅ローンもありますが、それも滞納してしまっています。どうすればいいでしょうか。住宅は維持したいのですが。

A. 3ヶ月の滞納で保証会社に代位弁済を求める銀行もありますので、住宅ローンを延滞している場合には注意が必要です。住宅を維持する前提で債務整理をするのであれば、基本的には民事再生手続きがお薦めです。弁護士が民事再生手続きで介入すると、月々の住宅ローンは通常どおり払いますが、住宅ローン以外の債権に対する返済は、民事再生手続きにおける返済が開始するまでの間、ストップすることになります。民事再生計画案を提出するまでに住宅ローンの延滞分を解消することが望ましい形です。それができないとなれば、延滞している元本、利息のそれぞれをどのように解消するかを再生計画案で決めることになります。